マンション投資はセミナーで学べ【初めてでも分かる不動産投資】

講義

集合住宅で利益

家賃の収入

不動産

投資物件としては、色々とありますが、アパートがよいです。まず、小さい集合住宅であるわけですが、それでも家賃収入としてはそんなに悪いわけではないです。むしろ、よいことが多いです。小さいので管理をするのが比較的楽、と言うメリットがあります。また、投資をするもそんなに高くないことが多く、やりやすいことがありますから、投資物件としてはかなりよいといえます。但し、投資物件には良いものとそうでないものがあります。まず、そもそも借りてくれる人がいるアパートになるかどうか、という点がありますし、収益率がよいかどうかもあります。そのあたりの検討をしてから、投資物件は購入、建築する必要があります。アパートと言えどもそれなりの金額になってしまうからです。

費用的な問題

アパートであろうとも造るのには、お金を借りてやることがあります。つまりは、不動産投資融資です。意外と銀行は貸してくれることが多いです。もちろん、信用があれば、と言う話ではありますが、融資は受けやすいです。但し、投資計画も必要になります。十年以上の投資になります。それくらいは見ておく必要がありますから、実は投資としてはかなり長いことになりますから、覚悟しておくべきです。アパートと言うのは、戸数が少ないです。精々、10室程度です。少ないところでは4室くらいからあります。部屋が少ない、と言うことは、利益率も低い、と言うことになります。しかし、投資額も少ないので、そのバランスを上手く取れば、成功します。

Copyright©2015 マンション投資はセミナーで学べ【初めてでも分かる不動産投資】 All Rights Reserved.