マンション投資はセミナーで学べ【初めてでも分かる不動産投資】

講義

資産形成に効果のある投資

融資が受けやすいメリット

グラフ

資産を形成するには色々な方法がありますが、中でも不動産投資は最もリスクが小さくて安全です。不動産投資の中でも一棟売りマンションを購入する方法が資産形成の近道です。なぜ一棟売りマンションがよいかというと、融資が受けやすいというメリットがあります。マンションの入居者からの家賃収入が毎月安定して入ってくるので、銀行も融資がしやすいのです。区分所有の場合は入居者がいなくなれば家賃収入がなくなるので、銀行の方も融資が厳しくなります。また一棟売りマンションは部屋数が多いので、空室が出たとしても他の部屋の収入でカバーできるメリットがあります。この点でも区分所有よりも安定した家賃収入が得られます。今、大阪などの大都市では一棟売りマンションの供給が増えています。今後は日本経済が右肩上がりになっていくので、今のうちに投資の準備をしておく方が賢明です。

大都会でのマンション経営

不動産投資の特徴はリスクが小さいことですが、なぜかというと最悪の場合でもマンションが資産として手元に残すことができるからです。ところが株投資などでは失敗すると全てを失います。この点だけでもリスクが小さいことがわかります。区分所有よりも一棟売りマンションの方がリスクが少ないのは部屋数が多いからですが、それ以外にも大阪などの都会では立地さえ良ければ入居者の移動が少ないのです。そのため部屋数の多い一棟売りマンションなら、毎月安定した収入を部屋の数だけ得られるのです。特に大阪などの都会で老後を過ごそうと考えている人には、安定した収入が確保できるのですから安心感があります。これから一棟売りマンションでの投資を考えている人は、まず大阪などの都会にどのような物件が出ているかを知ることが必要です。そのためにはネットの検索サイトが便利です。

Copyright©2015 マンション投資はセミナーで学べ【初めてでも分かる不動産投資】 All Rights Reserved.